Home > ときめきブログ > 海老芋オーナー制度がスタート♪【磐田市】
ときめきブログ
2021.05.07
海老芋オーナー制度がスタート♪【磐田市】
JAではこの度、管内在住の“准組合員”とその家族を対象にした「海老芋オーナー制度」をはじめました。

日頃から農業に従事する“正組合員”の皆さんに対して、農業に直接関わりを持つことが少ない准組合員の皆さんにも、管内(袋井市・磐田市・森町・浜松市天竜区)の農業を理解し、応援してもらおうと初めて企画しました。

1口1万円でオーナーになると、本人とその家族が3回の農業体験を通じて、ベテラン生産者から海老芋について学べるほか、収穫時には、1口あたり約15㎏の海老芋(子芋・孫芋)が持ち帰れることもあって、すぐに募集した10口に達する大人気!

初作業となった5月3日の定植作業には、磐田市上神増の畑に10家族24人が集まり、海老芋農家の村松多加次さんの指導で、参加者は用意された海老芋の苗を等間隔で植えていきました。

普段の栽培管理は村松さんが行ない、11月にみんなで収穫をする予定です。


11月の収穫を目指し、海老芋の苗を植えました


袋井市や磐田市からJAの准組合員とその家族が参加


村松さん㊧の指導で、定植作業を体験


今後の海老芋の成長が楽しみです

ときめきブログ
Copyright© 2016 
遠州中央農業協同組合 All Rights Reserved.