Home > JA遠州中央について > JA遠州中央の概要
JA遠州中央の概要

概要と位置

JA遠州中央は、太平洋に面した日本の真ん中、富士山とお茶で有名な静岡県の西部地方(遠州地方)にあり、天竜川東岸の3市1町(平成4年JA発足時は3市8町2村)をエリアとする大型JAです。面積では遠州地方の約半分をカバーしています。本店は、サッカーJリーグ「ジュビロ磐田」のホームタウンで有名な「磐田市」にあります。

管内地域の紹介

JA遠州中央は、3市(袋井市、磐田市、浜松市)1町(森町)の行政区を管内に持ちます。南北約80km、東西約20kmで遠州灘から長野県境まで至り、ちょうど伊豆半島を逆さにしたような形をしています。
北部地域は山間部が多く、広大な森林に恵まれ林業が栄え、農作物ではおもにお茶の栽培が盛んです。
また、中央部から南部にかけての平野部は、東海道や東名高速道路、新東名高速道路が通り、商工業が発達。農作物では静岡県内一の穀倉地帯といわれる水稲、トマトやイチゴ、メロン、ときめき野菜に代表される施設作物や海老芋、白ネギ、レタス、お茶などの生産が代表されます。

プロフィール

名称 エンシュウチュウオウ ノウギョウキョウドウクミアイ
遠州中央農業協同組合(JA遠州中央)
設立 平成4年10月1日(磐周12JAが合併)
出資金 33億3,097万円
代表者 経営管理委員会会長  鈴木 勝
代表理事理事長    宮﨑 剛
所在地(本店) 〒438-0086 静岡県磐田市見付3599-1
支店・営農センター等 本店・37支店・7営農センター・11店
組合員数 合計:44,941人
【内訳】正組合員:17,702人、准組合員:27,239人
職員 合計:888人(154人)
【内訳】男性:545人(38人)、女性:343人(116人)
カッコ内は臨時職員、パート他人数
事業実績 ●金融事業
・貯金 5,652億4,605万円
・貸付金 1,050億3557万円
●共済事業
・長期(生命・建物)共済保有高 1兆8,710億6,992万円
・年金共済保有高 135億9,651万円
●販売事業
・農畜産物販売高 91億9,789万円
●経済事業
・生産&生活資材供給高 40億2,230万円
事業内容 ●金融事業
・貯金
・融資(住宅ローン・リフォームローン・マイカーローン・農業制度資金等)
・為替(振込・送金および手形等の取立)
・相談業務(資金運用・年金・相続・税務)
●共済事業
生命総合共済、建物更生共済、年金共済、自動車共済、自賠責共済、火災共済、傷害共済
●営農事業
営農指導、生活指導、農畜産物の集出荷・販売
●経済事業
農業生産資材・生活資材の供給
●開発事業
宅地建物取引の仲介・斡旋
●旅行事業
国内・国外旅行斡旋・手配
●加工事業
茶・紫蘇・餅
●利用事業
ライスセンター、選果場、育苗
子会社 株式会社ジェイエイ遠中サービス(JA-SS、Aコープ、コンビニ、葬祭、農業機械、生活、保険代理店)、有限会社遠中農園
※平成28年3月31日現在のデータです。(職員数は平成28年4月1日現在)

沿革

JA遠州中央は、磐周地域12JAが平成4年10月1日に合併し、誕生した農業協同組合です。「農業を通じて新しい時代の住みよい社会と 健やかでうるおいのある生活を地域の人たちとともに育み高めつづける」という基本理念のもと、地域農業・地域社会の発展のために日々努力を続けています。

コミュニケーションマーク

それぞれに個性を持った磐周地域の12JAが平成4年に合併し、JA遠州中央(遠州中央農業協同組合)として新たな歩みを始めました。このことは、私たちをとりまく環境が大きく変化していく中で、姿も実態も真に地域から求められる「JA」を目指す私たち自身の決意表明でもあります。そして「明日へ向かってジャンプ!」をスローガンに“未来に翔くJA”“信頼と活力のあるJA”“地域とのふれあいを大切にするJA”“気軽で楽しい夢のあるJA”であることをJA遠州中央の理念像としました。
12JAの合併は、まさに異なる種子の交配から生まれた、これまでにない優れた新種子の誕生でなければなりません。この新種子が磐周地域の豊かな土壌に育まれ、理想の「JA」へと開花し、豊かな実りをもたらす・・・そんな大きな期待が込められた新種子を、上昇する楕円にシンボライズしました。そしてマーク全体では、3つの楕円の孤が描く遠州中央のイニシャル「E」と「C」から新種子が勢いよくジャンプしていく様が示されています。“明日に向かってジャンプ”するJA遠州中央のイメージ目標が、合計4つの楕円のみごとな組み合わせのバランス感覚に表現されています。

機構図

PDFをダウンロード

基本理念

わたしたちJA遠州中央は農業を通じて、
新しい時代の住みよい社会と健やかでうるおいのある生活を
地域の人たちとともに育み高めつづけます

生産者(農業・農家)の10年後

経営改善が図られ、農業が魅力的なものとなっています。(所得向上)

地域(住民・企業・行政)の10年後

JAの事業や活動を通じて、豊かなくらしを実現しています。(ファンづくり)

組合員の10年後

組合員一人ひとりが、自主・自立・互助による協同活動に参画しています。(組合員力)

役員の10年後

役員の示したビジョンを組織全体で共有し、活発な事業展開により、JAの健全経営が確立しています。

職員の10年後

みんなの笑顔を自分の喜びとし、自らも夢と誇りを持って働いています。

3カ年計画

「ともに拓こう、協同が輝く時代」

基本目標

1.農家組合員の農業所得の向上に取り組みます

(1)生産者組織を通じて個々の農業経営と産地化を維持・向上します
(2)農業法人等大規模農業者の経営発展を支援します

2.くらしの豊かさの実現に貢献します

(1)総合事業をくらしに役立てます
(2)協同活動を通じて、暮らしやすい地域づくりに取り組みます

3.JAの健全な運営に取り組みます

(1)組合員の意見反映と仲間づくりを進めます
(2)JA経営の健全性確保に努めます

Copyright© 2016 
遠州中央農業協同組合 All Rights Reserved.
k