Home > ときめきブログ > イチゴのパック詰めスタート!【磐田市】
ときめきブログ
2021.02.03
イチゴのパック詰めスタート!【磐田市】
磐田市のJA遠州中央イチゴパッケージセンターで、今シーズンのイチゴのパック詰め作業が1月27日にスタートしました。

ところで皆さん、イチゴパッケージセンターが何をするところか知っていますか?
イチゴ農家さんの労力軽減や生産量拡大などを目的に、JAが生産者からイチゴを引き受け、パック詰め作業を行なっている場所があるんです。

特に、新規就農者の皆さんはパック詰めに慣れていないので、労力の負担が大きいんです。JAがサポートすることで、ほかの作業に集中してもらう狙いもあります。センターでの詰め方を見本として指導を受け、慣れてきたら自身で作業を行なうよう切り替えるそうです。

イチゴは、従業員が一つずつ計量して選別後、決められた個数や並びでパック詰めをします。その後、ベルトコンベヤーに載せ、パックには自動でセロハンのフィルムが掛けられて荷作りを行ないます。

スーパーに並ぶイチゴは、きれいにパック詰めされていてワクワクしますよね!
ぜひパック詰めの美しさにも注目してみてください♪


イチゴを選別


担当職員が作業について説明


最終チェックもぬかりなく


活気があふれていました!

ときめきブログ
Copyright© 2016 
遠州中央農業協同組合 All Rights Reserved.