Home > ときめきブログ > 園児とJA職員が茶摘みで交流!【袋井市】
ときめきブログ
2019.05.16
園児とJA職員が茶摘みで交流!【袋井市】
5月8日、袋井市立笠原こども園の年長さん25人とJA職員が、同市のお茶農家の木根益夫さんの茶園で茶摘み体験学習を行ない、交流を深めました。

園児たちは、茶業担当のJA職員から摘み方を教わり、初めての茶葉の感触に歓声を上げながら終始笑顔いっぱいに楽しんでいました。

JA職員のお兄さんたちは園児のわんぱくパワーに圧倒されながらも、和やかなひとときを過ごすことができたようです。

小さいころから地元の特産物であるお茶に親しみを持って、身も心も大きく成長してほしいですね!

ちなみに、手摘みした茶葉は天ぷらにして味わうとのこと。お茶の葉の天ぷら、食べてみたいですね!

皆さんは、もう新茶を味わいましたか?
JAのファーマーズマーケットや直売所、茶ピアでは、新茶の販売が始まっていますよ!

▼茶ピアねっと▼
https://jaenchu.ja-shizuoka.or.jp/business/other/chapia/
▼新茶は各直売所で好評発売中です▼
https://jaenchu.ja-shizuoka.or.jp/business/direct/
▼お茶に関する情報は「農産物百科」にも!▼
https://jaenchu.ja-shizuoka.or.jp/pickup/crops/detail.html?id=cr1458910770


笑顔いっぱいの園児たち


園児に茶摘みを教えるJA職員㊥


園児たちは元気に茶園を駆け巡る!


すがすがしいほどの緑です

ときめきブログ
Copyright© 2016 
遠州中央農業協同組合 All Rights Reserved.