Home > ときめきブログ > いよいよ新茶の出番です!【森町】
ときめきブログ
2019.04.19
いよいよ新茶の出番です!【森町】
森町の若手茶生産者で組織する森町茶業青年部は4月18日、ビニールハウス茶園で新茶の初摘みを行ないました。

初摘みには、森町茶商青年団や行政関係者など約20人が集まり、手際よく摘み取っていきました。

3月初めにビニールを張った茶園は、露地での栽培に比べて地温が高くなるため、生育が早まる効果があるとのこと。
霜による被害を防ぐため、ストーブを使ってハウス内を暖めるなど、部員ら関係者の努力もあって露地物よりも一足早く、この日を迎えました。

摘まれた茶葉は町内で製造され、22日に行なわれるJA森町茶業センターでの「新茶初取引」に上場される予定です。

22日は袋井市の茶ピア取引所でも初取引が予定されていて、当JA管内は本格的な新茶シーズンを迎えます。


新芽の緑がまぶしいハウス茶園


青年部員らが丁寧に手摘み


茶刈機も使って収穫しました


この日摘まれた茶葉は約38㎏!

ときめきブログ
Copyright© 2016 
遠州中央農業協同組合 All Rights Reserved.