Home > ときめきブログ > JAの荒茶品評会で見事10連覇!!【袋井市】
ときめきブログ
2017.07.28
JAの荒茶品評会で見事10連覇!!【袋井市】
JA遠州中央荒茶荷口品評会が7月27日、袋井市のJA遠州中央茶ピア取引所で行なわれました。

今回で25回目になる品評会には、管内各地(袋井市、磐田市、浜松市天竜区、森町)から今年の一番茶、合計68点が出品されました。

審査の結果、次の出品者が、最高位の最優秀賞に輝きました。おめでとうございます!

<普通煎茶の部>  本多 利吉さん(森町)

<深むし煎茶の部> 農業生産法人 結いまーる㈱(森町)

本多さんは、普通煎茶の部で見事10連覇を達成しました!

JAでは、管内のお茶の生産技術や品質の向上を目指し、毎年この時期に品評会を行なっています。

★「荒茶」とは…茶葉を製茶工場で加工した一時加工品。荒茶は形が大小さまざまな状態で混じりあっているので、ふるい分けや火入れ、選別などを経て、消費者が口にするお茶になります。


今年も多くの荒茶が出品されました!


外観を確認する審査員


出品物を採点をしていく様子


お茶の香りも審査

ときめきブログ
Copyright© 2016 
遠州中央農業協同組合 All Rights Reserved.