Home > ときめきブログ > 柵で野生動物をバリアーーー!【浜松市天竜区】
ときめきブログ
2016.06.20
柵で野生動物をバリアーーー!【浜松市天竜区】
猿、イノシシ、シカ、ハクビシン、アナグマ――。
動物園などで見るにはかわいいのですが…畑で野菜などを作る農家さんにとって、これらの野生動物は大敵なんです。
せっかく実った農産物が、動物に食べられちゃうんです…。
JA遠州中央管内では、特に浜松市天竜区など北部の鳥獣被害は深刻です。

そこで今回は!
鳥獣被害対策を担当するJA職員が集まって、野生動物が入らないようにする防護柵を農家さんの畑に作りました。

その名も「ワイヤーメッシュ柵」☆★☆

鉄でできた頑丈な金網と支柱を組み合わせています。実際に設置しながら、職員も勉強です。
とっても重たい、そしてこの日はかなりの暑さの中でしたが、たくましい職員たちが力を合わせました。
この職員たち、“静岡県鳥獣被害対策総合アドバイザー”の資格を持っています。地域の皆さんからの相談にサッと応じるため、いろいろな知識や技術を身につけていきます!





テキパキと作業に汗を流しました


こんな感じの柵です

ときめきブログ
Copyright© 2016 
遠州中央農業協同組合 All Rights Reserved.