Home > ときめきブログ > 今期も天使が舞い降りた【磐田市】
ときめきブログ
2019.01.08
今期も天使が舞い降りた【磐田市】
遠中 天使のキャベツ(えんちゅう てんしのきゃべつ)とは…?
「一口食べると、その甘さとおいしさは天使が舞い降りたような衝撃と感動を生む」ことをイメージして付けられた名前で、なんといっても甘~いのが特徴のキャベツです。
1~2月の寒さが一番厳しいころには、糖度が12度前後まで上がります。

果物は甘みと酸味とのバランスで味が決まるため、同じ土俵で比べるのも変ですが、一般的にみかんの糖度は10~12度くらいといわれているので、それに匹敵するほどです。
この甘さとサクサクした食感を楽しむには、生でそのまま食べるのがおすすめです。

今シーズンも12月から出荷が始まっています。生産者もみんなで集まって相談し、いいものを届けようと一生懸命です。
市場を経由してスーパーにも並ぶと思うので、「天使のキャベツ」の文字を目にしたら「アッ!!」と思い出して、手に取ってみてくださいね。
手に取るだけではなく、買ってモリモリ食べてくださいね!













ときめきブログ
Copyright© 2016 
遠州中央農業協同組合 All Rights Reserved.