Home > ときめきブログ > 農業女子が「なかまづくり活動」で児童と交流【袋井市】
ときめきブログ
2017.06.08
農業女子が「なかまづくり活動」で児童と交流【袋井市】
JAでは毎年、地域との交流や農業への理解を深めてもらう「なかまづくり活動」を各支店で行なっています。

浅羽支店では、袋井市立浅羽南小学校の3年生46人の児童との大豆作りがスタート!

快晴の6月5日、トラクターを使って学校近くの畑で、土おこしをしました。

トラクターで土を耕していく様子を児童が見学し、耕す前と後の土の感触の違いを確かめていました。

トラクターの運転手は、㈱浅羽農園の古川咲紀さん(21)。就農1年目とのことでしたが、見事な農業女子っぷり!児童からは、古川さんや参加したJA職員に質問が飛んでいました。

今後は、今月中旬に大豆の苗を植え、10~11月に収穫。

その後、豆菓子などを作って味わう予定だそう。

今から、楽しみですね♪


トラクターでの土おこしをスケッチする児童


耕す前と後の土を観察


きれいにトラクターで耕したのは…


就農1年目の古川さん㊥

ときめきブログ
Copyright© 2016 
遠州中央農業協同組合 All Rights Reserved.
k