Home  >  食と農  >  農産物百科  >  シイタケ(椎茸)
シイタケ(椎茸)
いつ買える?
一年中
◎美味しい見分け方
[生シイタケ]
カサがあまり開いていない肉厚のものがおいしいといわれています。カサの裏側のひだが白く、薄く膜を張ったようなものが新鮮です。軸が太く短くて、切り口が茶色く変色していないものを選ぶとよいでしょう。
[乾シイタケ]
乾燥がしっかりしていて、カサの表面は茶褐色でツヤがあり、カサの裏が明るい淡黄色をしているのが良品です。
◎保存方法
[生シイタケ]
湿気に弱いので、キッチンペーパーや新聞紙などに包んでポリ袋などに入れ、冷蔵庫の野菜室へ保存しましょう。
[乾シイタケ]
高温多湿が大敵です。未開封のものは常温保存湿気の少ない冷暗所に置いてください。開封したものは、密閉袋や密閉容器に移し替え、乾燥剤を入れて冷蔵庫に入れるとよいでしょう。もし、湿気を帯びた場合は、2~3時間天日干しをしてください。
おいしい食べ方
[生シイタケ]
あぶり焼き、鍋料理、スープ、茶碗蒸し、炒め物、天ぷら、揚げ物に向いています。
[乾シイタケ]
どんこ型は肉厚なので、歯ごたえを味わえる煮物、炒め物に最適です。こうしん型やスライスされているものは、香りやうま味成分を生かす料理に向いているので、お吸い物や炊き込みご飯に最適です。
この野菜のおすすめ料理
旬の時期カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
シイタケ(椎茸)
豆知識
特徴
天然の原木栽培と菌床栽培があり、近年はオガクズなどを用いて人工的に育てられた菌床栽培も多くなっています。原木栽培のシイタケは春と秋に多く出回り、春は身が締まっていて凝縮したうま味を、秋は香り高い味わいを楽しめます。うま味のもとであるグアニル酸は、加熱すると増加し、香りとうま味がアップします。また、昆布やかつお節の出汁と合わせると相乗効果でうま味がさらに増します。生シイタケは、日光に当てることで、ビタミンDが増え、香りも増します。食べる前に1~2時間軽く干すだけでも効果があります。
効能
■ガン予防効果
きのこの食物繊維に含まれているベータグルカンには免疫力を高め、ウィルス感染を予防する効果が期待できるといわれています。
特に、シイタケに含まれている「レンチナン」という成分は、人間の免疫防御システムであるリンパ球やナチュラルキラー細胞(NK細胞)の働きを高め、ガン細胞の増殖を抑える効果が医学的に認められ、医薬品として医療現場で活用されています。

■血圧、コレステロールを下げる効果
シイタケには「エリタデニン」という、他のきのこ類にはない特有の成分が含まれています。エリタデニンは血液中の悪玉コレステロール(LDL)を下げ、善玉コレステロール(HDL)を高め、総コレステロール値を下げる働きをするといわれています。この効果によって、コレステロールの増加がもたらす生活習慣病(高血圧、糖尿病、動脈硬化など)の予防効果が期待できます。

■ダイエット効果
シイタケには食物繊維が多く含まれています。特に乾シイタケは、他の野菜類と比較して、大変多くの食物繊維を含んでいます。
食物繊維は、腸の中で有用な細菌を増やし、コレステロールや発ガン物質を吸着して、体外への排出を速めるなど、ガンや生活習慣病の予防に効果があるといわれています。
また、食物繊維は便秘の予防にも役立ち、低カロリーでビタミン類を豊富に含んでいることから、健康的なダイエット効果を期待できます。

■ビタミンD効果
シイタケに含まれるビタミンDは、腸からのカルシウム吸収、骨へのカルシウムの吸着など、体内のカルシウム代謝に大きな役割を果たしています。
全般的にきのこ類にはビタミンDが含まれていますが、特に乾シイタケには、生鮮きのこ類の約9倍ものビタミンDが含まれています。乾シイタケ2枚程度で一日に必要なビタミンDをまかなうことができます。
乾シイタケの代表的な種類
・茶花どんこ…傘の表面の花模様が薄茶色に割れているもの。限られた気象条件が重なるとできる乾シイタケです。収穫量が少なく、希少価値が高く値段も高めです。
・どんこ…肉厚で全体に丸みがあり、大きさは4.5~6㎝位。シイタケの傘が開ききらないうちに採取したものです。中国料理に多く使われています。
・こうしん…傘が7割くらい開いてから採取したもので、どんこと比べると肉は薄く、巻き込みが浅い平らな形をしています。調理のしやすい乾シイタケです。
・こうこ…どんことこうしんの中間に位置する規格で、傘の巻きは強く、大きさはどんこより大きめです。見た目・食べごたえ共に申し分のない乾シイタケのため、市場では高値で取引されています。
Copyright© 2016 
遠州中央農業協同組合 All Rights Reserved.